何故通学時に防犯グッズが必要か

小学校に上がったばかりの小さいお子様はもちろんのことですが、子供が学校に通い始めると肩の荷がおりた思いがする保護者も多いことでしょう。けれども保護者のお迎えが必要となくなることで、今度は通学路を行き来する間の防犯上の心配が、また新たに出てくることもあるのです。入学と同時に毎日通うことになる道は基本的には安全な道なのでしょうが、現代では不審者のニュースなどもよく耳にしますので、いかなる道においても絶対に安心できるとは断定ができない世の中ではあります。このような防犯上の心配をされる保護者の方々の不安を少しでも軽減できるようなアイテムとして、安全防犯グッズなど入学を機にご利用し始めるご家庭も多いのです。これらは比較的安価で手に入りますので、お子様とも相談しながら一度はご検討してみるのは良いことです。

防犯グッズは通学なども含め何処へでも持っていけます

お子様の通学路での登校時には、近隣の子供達で集団登校をしたり、役員が道に立って毎朝夕と見守っている体制がとられている学校もありますが、やはりそれだけでは十分だとは言えないです。そこでお子様自身が安全のための防犯グッズを通学時には持たせることが、親子にとっても心強い防犯方法のひとつとなると推奨されています。グッズの多くは小さなお子様でも使いやすい、手に馴染みやすいサイズが多く、カバンや服装などに携帯しやすいのでどこにでも持参できます。そしてもしもの時には、何か危険な状態であることをブザー音などの大きな音を出すことで、周囲にいち早く知らせる役目をします。不審者などに遭遇して自分では怖くて声が出せない時でも、このブザーなどの音の効果により、未然に危険から防いでくれることが期待されています。

防犯ブザーやgps機能を使って通学するお子様を守る

防犯グッズは身近な店などにもありますが、通販サイトなどでも検索をすると、子供から大人までに役立ちそうな、様々な物が販売されていますので、適したグッズを見つけることができます。一般的に手軽な物として知られているのは、防犯ブザーという名称です。ヒモ等を引いたりボタンを押すと、周囲に響くような大きな音が鳴って近くの人に危険を知らせたり、不審者を音で驚かせることで逃げて行かせるなどの効果があります。グッズを選ぶ時にはなるべく音量が大きくて、子供が使っても壊れにくい物を選び、ご家庭などで事前に練習をしておくと良いでしょう。また通学でスマホを持たせている場合でしたら、ネットワークを利用してお子様の位置情報が判るようなGPS機能を使って防犯に役立てるシステムもあります。お子様を守るためにもぜひこれらのグッズを上手に利用したいものです。

当社の見守りサービスは、JR東日本とセントラル警備保障の共同事業となります。 子どもが「Suica」または「PASMO」でJR東日本の駅自動改札機を通過すると、保護者にメールでお知らせが届くようになっております。 サービス利用時の初期費用は一切不要です。月々の費用だけでご利用が可能となっております。 まもレールで子供の通学の防犯対策を徹底しよう