オススメの通学時防犯グッズの値段の相場

防犯グッズを通学で持つなら、簡単なキーホルダータイプが主流です。価格は1,000円から3,000円ほどのものが多く、引っ張ったり押したりしたらブザーがなる仕組みのものが一般的です。子供を狙った犯罪は完全犯罪を目指していますので、予防として防犯グッズを持っているとわかればターゲットにされることは少なくなります。見た目も子供が持っていても可愛らしいデザインのものや、押したりひっぱったりするだけで簡単に音を知らせるものもでているので、使いやすいものを選ぶと良いでしょう。毎日のことだと、雨の日もあるので防水機能がついていて頑丈なものを選びたいものです。音は大きければ大きいほうが効果は絶大です。子供のみを守るために今や常識になりつつある防犯グッズは通学の必須アイテムです。

通勤のときに防犯、通学のときの防犯あなたの防犯対策大丈夫?

通勤や通学で電車に乗ったり、どうしても人気の少ない道を歩くことがあります。電車なら女性専用乗るのが痴漢対策になりますが、やむをえず普通の車両に乗るときは男性と90度になるようにたっています。そして、もし痴漢にあったとしても自分で捕まえるまでいかなくても、大声をだす勇気は覚悟しておきましょう。催涙スプレーや電流が流れる防犯グッズがあります。用途によって持ち分けたらよいと思います。一番簡単なのはとっさのときに使いやすい防犯ブザーです。人気の少ない道や心配なときは、手に持ってすぐにならせるようにすることもできるからです。実際怖い目にあってしまうと、一生、心も体も傷つけられるのはご自身なので、何が起こるか分からない最近の社会では防犯グッズをひとつは持っておくべきです。

犯罪から子供をまもる防犯の考え方と、通学時の防犯対策

最近良く目にするニュースでは、子供の誘拐や殺人が起きた後に悔やんだり、あることないこと心配して子供の帰りをまっているのも大変なものです。そこで最近の防犯グッズと通学時の対策をお伝えします。まずは防犯ブザーです。自治体で無料配布しているところも増えているそうです。小さな子供でも簡単に使えるようになっています。遊びで誤作動しないように、怖いときに身を守ってくれるものだと教えることも大事です。もうひとつは、キッズ携帯です。子供が使う機能を絞った携帯で、通話・SNS・防犯ブザー・GPSと簡単な操作で使えて、親も安心できる携帯です。キッズ携帯のGPSを使ってどこにいるか居場所も確認できるし、通話もできるので安心です。登下校や塾通いなど一人での移動が多くなればなるほど犯罪に巻き込まれる確立はあがるので、防犯グッズを携帯することは必須です。