通学時に役立つ防犯グッズの紹介

子どもから大人まで誰でも簡単に使える犯グッズが、ホイッスルです。不審者を前に吹き続けるのは困難な場合もありますが、不審者から逃げているうちに道が分からなくなった時などにも助けを求めるために使えるので、一つは携帯しておくとよいです。ホイッスルのように自分で吹かなくてもよい最もポピュラーな防犯グッズが防犯ブザーです。ボタンを押したりピンを抜いたりするとブザーが鳴り響くもので、大きな音量が出るものほど不審者は嫌がります。抜いたピンを差し込まない限り、電池がなくなるまで鳴り響くものや、ブザー音と同時に光を放つものやGPS機能が働くものもあります。通学時の防犯ブザーは、咄嗟の時に素早く使えることが大切なので、ランドセルを使用する小学生の場合は、肩の部分からブザーをつるしておける防犯ベルト等も併用するとよいです。

通勤通学時の不安を減らせる防犯グッズ

被害に遭いやすいのは、人気のない道や夜道だけではありません。通勤通学時の電車内でもスリや痴漢対策が必要です。電車内で不審者に遭遇した時、防犯ベルは鳴らしにくいと思われるかもしれません。そんな時には、不審者の手などに電撃を与えることのできるグッズが有効です。ライター位のサイズのものから販売されているので、文房具のように持ち歩けます。電撃を与えるとともに、ひもを抜くとブザー音を鳴らすことができるものもあります。また、不審者の手元等に軽い衝撃を与えるために作られたグッズに、護身棒や護身スティックと呼ばれるものがあります。ペンと同じようなサイズで、不審者の手元等をつついて、被害を防ぎます。ペンと違うのは、強靭な硬さに作られているので、ガラスを割るぐらいの威力があることです。持っているだけで、心強くなります。

進化する通勤通学で使える防犯ブザー

防犯ブザーは声を出さなくても助けを求めることができ、使い方が簡単なので、誰でも一つは携帯しておきたい防犯グッズです。ただ、車の多い道では、車の音にブザー音がかき消されることや、住宅街でもよほど大きなブザー音でなければ気に留めてもらえないことがあるかもしれません。そんな心配を感じるときには、「キャー」と、助けを求める声が鳴り響く防犯ブザーもあります。甲高い声で繰り返し助けを求める防犯ブザーには、不審者も慌てて立ち去っていくことでしょう。通学用の防犯ブザーで効き目がなかったら加えて使用するのも効果的です。また、防犯ブザーにも、GPS機能が付いているものがあります。警備会社に手続きをしておけば、ブザーを鳴らすと同時に警備会社へ通報が入るので、お子さんが持つのにもよいです。